アップル(Apple)は詐欺ビジネスなのか、客観的に判断・検証してみる

アップル
アップル

副業は、現在非常に人気があります。

それは、多くの人が経済的に困っている事が原因でしょう。

自分の子供の教育費に困っている人は多いですし、折角働いても、子供の保育料などが高いので、自分のために使えるお金が殆ど無いという人は多いです。

そんな中で、アップル(Apple)という副業が人気を集めています。

誰でも稼げる仕組み作りに成功した商材のようで、多くの成功者を生み出しています。

その一方で、ネット上では詐欺疑惑のような内容も見かけます。

そこで今回は、このアップル(Apple)が詐欺ではないのかという疑惑をしっかりと見て判断していきたいと思います。

なぜアップル(Apple)が詐欺だと疑われているのか

まずは「なぜアップル(Apple)が詐欺と疑われているのか」ということから見ていきましょう。

詐欺と疑われている理由は主に3つです。

  1. ビジネスモデルが公開されていない
  2. お金かかるビジネスは信用できない
  3. そもそも簡単に稼げるなんてことはありえない

ということです。

では、1つずつ見ていきましょう。

ビジネスモデルが公開されていない

1つ目の理由は、ビジネスモデルが公開されていないという点です。

このアップル(Apple)は、参加した人しかその内容を知ることができません。

その理由は「情報の機密性」を保つためのものになります。

情報というのは「知っているだけで稼げる情報」というものが存在します。

多くの人が知ってしまえば、その価値が急速に低下するのです。

例えば、水は砂漠などの水のない場所では非常に高値で取引される可能性がありますが、一方で日本の町中では、それほどの値段は付きません。

これは、需要と供給の関係で値段が変わるわけですが、情報においても需要と供給の関係は成り立ちます。

稼げる情報でも、誰でも知っている情報には値段が付きません。

例えば、コンビニのアルバイト。

アルバイトの募集がかかっているという情報は、大多数の人が知っている情報です。

そのため、この情報自体を欲しいと思う人は非常に少ないため、

「アルバイトを募集しているコンビニを教えてあげるから1万円をくれない?」

とアルバイトを探している人に言ったとしても、払ってくれることはないでしょう。

このように、皆が知っている情報には価値が無いことが多く、この機密性を保つためにも、アップル(Apple)では、詳細情報を公開していないと考えられます。

いわば、情報が公開できないということは、「本物の情報の証」なのです。

しかし、参加していない人には、そんなことはわかりません。

そのため、実際に参加した人からの評価は非常に高いアップル(Apple)も、参加していない人からすると詐欺商材に見えてしまうのです。

お金かかるビジネスは信用できない

次に、金額の件ですが…確かに世の中には美味しい話を教えると金額を騙し取るビジネスが存在しています。

ですが、お金がかかる=詐欺ではありません。

正直このアップル(Apple)も初期費用はかかると思われます。

それは専用ツールの使用料です。

しかし現在は、参加特典として現金1万円をプレゼントしておりますので、実質タダになるようなものです。

自信があるからこそ、こうして提供できるわけですね。

ですが、あくまでキャンペーンですので、一定数の応募者が集まれば終了してしまうと思われます。

もしアップル(Apple)を始めたいならキャンペーン中の今がチャンスです。

そもそも簡単に稼げるなんてことはありえない

次に多いのが、そもそも簡単に稼げる手法なんてありえないというものです。

これは、過去に商材で失敗した人の多くが言っていることです。

「誰もが簡単に稼げるような商材があるなら、とっくに日本人全員お金持ちのはずだ」

という理屈です。

確かに一理あるかもしれません。

誰でも簡単に稼げると謳っている商材の多くが、詐欺商材であるインターネットビジネスにおいて、そういった言葉に懐疑心を抱く人が多くなるのもうなずけます。

しかし、それはアップル(Apple)の内容を知らない状態で言っているに過ぎません。

「詐欺が多い」

ことと、

「アップル(Apple)も詐欺である」

こととの間に、直接的な関係性はありません。

しかし、どうしても過去に騙された経験がある人は、その内容を見ていないのに否定してしまう癖がついているのです。

詐欺ならすでに警察が動いている

さて、このアップル(Apple)ですが、詐欺であるなら警察が動いているはずです。

しかし、現在警察は動いていません。

警察は、お金のやり取りに関する問題は、民事不介入で動いてくれませんが、内容が詐欺であるものに関しては、きっちりと動いてくれます。

その警察が動いていないので、詐欺ではないと考えるのが正常でしょう。

実績もあるアップル(Apple)は詐欺ではない

詐欺かどうかを区別するのは、非常に難しいですが、シンプルに考えると

「稼げれば詐欺じゃない」

となるのではないでしょうか。

周りの人も同じように疑惑の目を向けていても、結局収入が入ってしまうと、本物であると確信します。

当然ですが、本当に良かったので友人や家族に紹介して、その人達も稼いでいるというケースが非常に多いビジネスになっています。

広告による集客だけではなく、口コミで広がる副業。

これこそが本物の商材であることの証拠ではないかと感じています。

まとめ

今回は、アップル(Apple)という副業が、詐欺商材ではないのかという点を見てきました。

参加してみてわかったのは、本当に良い商材だということです。

誰でも稼げるのには理由があります。

それは「仕組み化」であり「マニュアル化」です。

正しい方法を実践すれば誰でも稼げる。

しかし、その正しい方法を知らない人や、言われた通りにできない人は、成功するのが難しいです。

それをシステムを利用することで解決する。

それがこのアップル(Apple)の発想であり人気の理由なのでしょう。

経済的に厳しい状況は、すぐに改善されることはないでしょう。

経済成長しているというニュースもありますが、実際に生活が楽になった人はどれだけいるでしょう。

それを考えると、今すぐに副業をするのが必須であり、その最初の副業にはアップル(Apple)が最も適していると感じています。

是非検討してみてはいかがでしょうか。

LINE登録はコチラ